marupekeのブログ

ビンテージミニカーの紹介や機械式腕時計
コレクションなど

HO(16番)ゲージのミニカー


こんばんは。もっちーです。
鉄道模型とミニカーは切っても切れない物です。
昔、欧米で20世紀にOゲージが生まれ、情景の一部としての街中の添え物にミニカーが生まれた説があります。ドイツのメルクリンなどがそうです。
しかし、鉄道模型はスペースも大きくなるのでレイアウトを作ったりするのは一部の人。
鉄道模型もOゲージから段々に小さくなりHOゲージやNゲージが主流となってきました。


ミニカーは鉄道模型の添え物から独立したホビーになってきたのです。
コレクション・トイとしてジャンルが確立されて行きました。


欧米のOゲージのスケールは大体1/45~1/48位、HOゲージは1/87、Nゲージは1/160、Zゲージは1/220です。


また日本では、実物の鉄道が狭規の1,067mmを採用しているので車両が小さく、日本型の車両と欧米の模型車両では同じ16.5mmの規格レールを使う上で1/80になっています。
そこで、日本の1/80鉄道模型のことをHOゲージと呼ぶのはふさわしい事ではありません。
もっともスケールが1/80の車両のことを指す場合、16番ゲージと呼ぶのがふさわしいでしょう。まあ、ここは鉄道模型メーカーによってばらつきがありますし、楽しいはずのホビーに物議を申しだててもしかたがないことですが。
日本型HOは1/87の場合、12mmの規格レールがあります。
近年、高級なプラスモデル(金属)や軽便鉄道の模型に採用しています。
軽便鉄道はナローゲージと呼び、9mmのレールを使う方が多いです。
また、1/80でも16.5mmでもオーバーなので13mmゲージを使っている方もいらっしゃいます。
ちなみに20,000mmの実物(20メートル)の車両を比較すると、
20,000÷80≒250mmになり
20,000÷87≒229.8mmです。
たった20mmの違いかと思われる方とそんなに違うのと思われる方、いろいろでしょうが
模型にすると一回り大きさが違ってきます。
なんだか話が脱線してしまいましたが、今日のミニカーは1/80のトミーテックからカーコレクション80からトヨペットマスターラインです。

1/80モデルです。

小さいけど良くできています。
少しだけ車高が高い気がしますが、雰囲気は抜群。
トミーテックさんの情景シリーズは良いコレクションになりますよ。
タカラトミーさんカーコレ80を絶やさないで下さい。


写真のピントが甘いです。すいません。


それでは、また。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。