marupekeのブログ

ビンテージミニカーの紹介や機械式腕時計
コレクションなど

この国どうなっているの

こんにちはもっちーです。今年に入ってから、世界情勢がおかしくなってきています。
海外、国内をとわず、トップクラスの不祥事がニュースの記事を飾ります。
日本国民が望んでいない法律が勝手に作られて、自由・平和が何となく崩れていくようです。
隣国には怖い指導者もおり、ミサイルの標的にされているのかもしれません。


ある日、街に出ると、反戦デモ行進に遭遇し、NO WARと書いた、プラカードが私の体に当たりました。しかし、その人は「すいません」の一言もありませんでした。
というよりか睨まれた感じでした。


こんな心もこもってない事ではデモの意味が無いし、心が無さ過ぎ!
こんな国になってしまったのですね。


私はノンポリですが、戦争をすることは望みません。
しかし、侵略されたら国民は犬死ですか。この国は。


少し怒りを書いてしまいましたが、平和な時代のミニカーのご紹介です。

ダイヤペット143番トヨペットクラウンデラックスです。
実車は1962年に2代目としモデルチェンジし当時のアメリカ車的なスタイル、マイナーチェンジを繰り返し1967年3代目にバトンタッチするまで生産されました。また、幅、全長を長くし8気筒エンジンを搭載したクラウン・エイトも1964年に発売されております。
オートマチック、エアコン、パワーステアリング、パワーウインドウ、パワーシートといった今の高級車では当たり前の装備が一部オプションでしたが、ありました。


この写真のミニカーは1966年型をモデル化しており、完全にダイヤペットのオリジナル金型を使用しています。


ダイヤペットにも1964年年型も121番で存在致しますか、こちらは大盛屋の金型を使用し発売しています。もちろん箱やタイヤ・裏板は米沢(ダイヤペット)すが。こちらはまだ手に入っておりません。大盛屋は1963年3月に発売しています。


このダイヤペット143番トヨペットクラウンデラックスは窓枠までメッキされて、クラウンエイトにも見えます。私の史観ですが。


それでは、また。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。