marupekeのブログ

ビンテージミニカーの紹介や機械式腕時計
コレクションなど

もうすぐ春分

今日の長崎県は天気も良く温かです。
人間というものは、その土地に長くいると気候になじんでしまいますね。


26年前、長崎に住み始めたころは冬は雪も降らないし温かい地域だなって思っていましたが、ここ数年は冬はやっぱり寒いと思うようなりました。


我が家のギャング猫たちです。
椅子は爪とぎの道具となり、ぼろぼろになっているのがお分かりになるでしょう。
さむい日の夜はこうやって猫達はねこぽかしています。


さて、今日のミニカーの紹介です。

昨日、大盛屋のお話をしました。
大盛屋チェリカフェニックスPHE28トヨペットコロナです。
実車のトヨペットコロナの2世代目です。
昔はトヨタ車の名前はトヨペットと付いておりました。
実物のコロナの名前も今ではプレミオとなってしまいましたので今では実車の名前もなくなってしまいました。この当時から車の名前が存在するのは、トヨタクラウンとトヨタカローラ、ニッサンはスカイラインのみ50年以上、名前を継いでおります。スカイラインもニッサンの高級車輸出ブランドのインフィニティーQなんとかと名乗りそうですね。
写真のミニカーは実車が1960年登場、大盛屋は1963年と1964年のモデルがあります。
グリルが少し違うみたいですが…
これはどちらかな?
勉強不足で宿題という事で。


しかし、こうみると当時の雰囲気を醸し出しています。
下地にメッキを施した後、塗装しているのでとても10cm位のミニカーには見えないでしょ。
お気に入りの一台です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。