marupekeのブログ

ビンテージミニカーの紹介や機械式腕時計
コレクションなど

ALWEYS三丁目の夕日'64 トヨペットクラウン

こんばんは、もっちーです。
このところ、ついていない事が多いもっちーですが、たまには良い事が。
ちょっと前に、ネットショップでALWEYS三丁目の夕日'64のパプリカが出ていたので、
購入の手続きをしたのですが、購入受け付けのみメールが来て、代金支払いなどのメールがなかなか来ません。ここまでは不幸です。まあ、着払いと考えていたのでしょうが無いかもと、しかし欲しかった商品だしと思い、苦言メールをショップさんへ。
それでも折り返しのメールが無く、あきらめていました。
それから一カ月位たった今週のある日、もっちー(仮名)様の携帯ですかと、知らない方からお電話頂き、はいと答えると、こちらは○○ショップですと。「ネットショップでALWEYS三丁目の夕日'64のパプリカを頼んだ方ですかと」はい、と答え「店のサーバーが壊れていたので、連絡が遅くなったのこと」購入意思確認をして、一昨日、無事に到着。まてよ、パプリカしか頼んで無いのにもうひと箱入っているではありませんか。ALWEYS三丁目の夕日'64のフィギア(フィギアといえ、人形ではない、車3種類トヨタ・パプリカとトヨペット・クラウンは1/80 ダイハツミゼットはMPA型かな?トミカ流用のモノではない。
建物は1/150でNゲージサイズ、映画の劇中コレクション)は食玩タイプのブラインド箱、開けてのお楽しみ。
な、なんと、トヨペットクラウンの個人タクシーが入っている。本当はこちらが前から、欲しい物。しかし、5年位前の商品はなかなか手に入らず半ばあきらめていました。パプリカも1/80国産で欲しい物でしたのでネット購入したものでしたので。
ショップさんからの手書きのお手紙で丁寧にも遅れた謝罪文と最後に謝罪の気持ちの商品?のトヨペットクラウン個人タクシーを入れてあるとのこと。
ぼくの本命はトヨペットクラウン個人タクシー(プレゼント)の方なので、本当にうれしかったです。感謝です。


さて、そのトヨペットクラウン個人タクシーは

うーん、良いですね。全長はたった5cm位です。これも1/80です。
映画は見ていませんが、この実車は1955年1月にトヨタ自動車から発売のトヨペット・クラウン、フロントグリルして前期型。オーナーメントやサイドモールからして、SR20Dトヨペット・クラウン・デラックス。
1955年10月以降、1958年10月に大幅にマイナーチェンジをしていますので、その間の時代のクラウンをモデル化したのででしょう。
クラウンデラックスはタイヤはホワイトリボン仕様ですし、Bピラーは車体色なのにメッキ色にしてしまっている事、フロントにフォグランプが無い。
せっかく腕木式方向指示器のモールドがしてあるので残念。
腕木式方向指示器といってもお分かりになる方は少ないでしょう。
今でいうウインカーの事です。オレンジ色の舌みたいな、靴べらみたいな物がボディーの左右についていて、曲がる方向を指すものです。点滅はしませんが、蛍光物であったのでしょう。


しかし、このミニカーのプロポーションは良い出来です。
映画の時代設定は1964年、もう2代目クラウンが1962年に登場していますので、やや古いかも。1964年当時タクシー初乗り運賃が100円だったこともこのミニカーからわかります。
時代考証はその映画の設定時代より旧い車がしっくりきます。個人タクシー仕様でありますし、旧い車が方が良いですよ。
今やっている、国営放送の朝ドラでは1965年の時代設定なのに主人公の勤めるトランジスタラジオ工場に2代目サニートラックが置いてあります。2代目サニートラックは1971年から2008まで製産されたトラックです。時代考証はちゃんとして下さいね、NHKさん…。
それでは、また。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。